何でもかんでも黒歴史にすることの是非

ガンダムシリーズ最新作「Gのレコンギスタ」が好評放送中だ。
舞台は宇宙世紀の次の時代R.C.(リギルド・センチュリー)1014年。宇宙世紀の終焉から少なくとも1000年後。
そして∀ガンダムよりは前の話ということになる。
この遠い未来に∀ガンダムが現れる予定はどうやら間違いなく、主役機G-セルフのアンテナも後にヒゲ型が登場する事を念頭にデザインされている。HG ガンダム Gのレコンギスタ シリーズ発売記念 スペシャル対談 後編

絶対そうじゃないといけないのだろうか?

追記:2015年8月27日配信「夜のGレコ研究会」にて、富野監督がGレコは∀ガンダムより未来とイメージしていることが明らかになった。よって本記事の前提も一部崩れていますが、記事自体の結論はそう変わらないのでまあそのままにしておきます。
追記2:本記事は「富野監督以外はともかく、富野本人はGレコで黒歴史の設定を本当に意識してるのか?」という疑念があって書かれたものでした。
研究会での発言から、「Gレコと∀はつながっている」ことと、「Gレコは黒歴史に入るつもりで作られてなかった」ことの両方がわかったわけですが、このことによる黒歴史とGレコの関係については別の記事でまとめました。
∀ガンダムとGレコの順番に見る真意
∀ガンダム
「∀ガンダム」は宇宙世紀の遥か未来の時代「正暦」を舞台とした物語だ。
同時に「Gガンダムを含む過去のガンダム全てを肯定する」ことを当初から掲げていた。
それがどういうことかというと、まあ具体的に宇宙世紀のモビルスーツがそのまま出てくるだけにとどまらず、最後のほうはシャイニングフィンガーとかも出てくる。

ボルジャーノン=ザクを代表とする宇宙世紀もの以外にもネタがあり、
・ウォドムの型番と装甲材がネオジャパンのモビルアーマー。
・ゴッゾーのコクピットがガンダムXの新地球連邦のもの。
・黒歴史データの中にネーデルガンダムや風雲再起の設計図みたいなのが出る。
・コレン・ナンダーが思い浮かべるウイングガンダムゼロカスタム。
さらに裏設定ではもうちょっと具体的にGガンダムとの関係があるそうだ。
Gガン関係の談話は∀放送当時の雑誌にいろいろ書いてあった記憶があるけど、書籍化された資料にどの程度生き残ってるのかはよく知らない。
ゼロカスタムは資料が近くにあったものを適当に描いたものらしい。なぜかガンダムWの影響はあまり見られない。

さすがにウォドムをネオジャパンが作ったと明記しているものは無いと思うし、デザインから見てもウォドムとファントマとの共通点は全く見当たらない。
ゴッゾーもたまたま新連邦と同じものが採用されていただけで、これが新連邦の当時品なのか、後の時代に新連邦をまねて作られたものかはわかったものではない。

正暦
「せいれき」と読む。
放送当時、ロランがセイレキ生まれと発言して「え?西暦?」と思ったら後から正暦という漢字表記が紹介されていた。
たぶんオンエアで出る前に漢字表記は出回ってなかったと思う。自分が見た範囲では見てない。
∀ガンダムの舞台は正暦2345年であり、少なくとも前の時代、他のガンダムから2000年以上経ってると思っていいのかな?
そして過去の暦は全て「黒歴史」と呼んだ。

コズミック・イラ
∀ガンダムの終了後、はじめて登場した別のガンダムワールドが機動戦士ガンダムSEEDの舞台コズミック・イラだ。
当然そのときに「これは黒歴史に含まれるのか?」という疑問も出た。その質問に対する公式レベルの見解があったかどうかは忘れた。
ただ、コズミック・イラは∀ガンダム以降に作られたものであるせいか、過去に宇宙世紀が存在したことを示唆する周辺設定がある。アムロのコア・ファイターが積んでいた教育型コンピューターらしいものが外伝の重要な「人物」として出てくる。
……そのコンピューター木星帝国に回収されてた気がする。

∀ガンダムの制作側はコズミック・イラも黒歴史に含むことに肯定的だったようだ。
あきまんが描いた漫画「ターンエーガンダム 月の風」(2007年)では、コズミック・イラも正暦の過去にあったことが明言されている。

ガンダム00の西暦
機動戦士ガンダム00は西暦2307年が舞台だ。各種設定も明らかに現代の西暦の延長で考えられている。
ところで宇宙世紀の前の時代は西暦だったことがはっきりしている。
じゃあ00の西暦は宇宙世紀の前なのか、後なのか?というかこれは黒歴史に含まれないパラレルと思ったほうがいいんと違うか。
いろいろ仮定を重ねて頑張れば両方肯定できるかもしれないが、コズミック・イラよりかなり難しいことは間違いない。

ガンダムEXA
漫画「ガンダムEXA」はEXVSの連動漫画…なのか?
舞台は過去のガンダム世界をシミュレートしてるような世界であり、その過去の中には∀ガンダムもガンダム00も含まれる。明らかに正暦より後の世界。
これに類似した設定は、ガンダムゲーム界ではこれより以前に既にあったようだ。発想自体は黒歴史を踏まえているが、∀ガンダムはガンダムの歴史の最後とは限らない。
(発掘した過去のモビルスーツで戦うという設定は∀ガンダムより前に、ゲーム「ガンダム・ザ・バトルマスター」で使われている。
またGジェネFで初登場したフェニックスガンダムは∀ガンダムの黒歴史を意識した設定であると思われる)

MGターンXの説明書
通販サイトで読めるので読むのが手っ取り早い。ホビーサーチ
コズミック・イラはいいとして、まだ微妙だった00の西暦、そしてAGEの世界も「原則的には」「"黒歴史"の一部として包含されることとなる(『ガンダムビルドファイターズ』は除くものと思われる)」と書いてしまった。
おいおい。
逆に西暦OKなのにビルドファイターズはダメだというのか。なぜに推測形。
ナノマシンは過去のザクを正暦で再利用するためのアイデアであって、黒歴史の中に未来世紀やコズミックイラがあったことには寄与しないんじゃないの?

プラモの説明書設定がどこまで公式見解と認めていいのかは知らないが、でも無視はできないかもしれない。「原則的には」今後のガンダム全てが全部黒歴史送りとなるということがバンダイが出した商品に明記されているのは事実。
でも正暦後のガンダムEXAみたいな世界が出てきたら含まれないはずだよねえ?

黒歴史で説明できないこと
困ったことにガンダムWは「もうこの先の歴史でモビルスーツなくなりました」という締めで終わっている。
Gガンダムの後に∀があるとして、ガンダムWの後に∀が存在してはいけないことになるのでは?ということを当時気にしている人が少しいたのは事実だ。
これは10年以上経った頃に強引にガンダムWの続編が作られたので、もう無効なのかもしれないが。

そういう話は流して、コズミック・イラが出てくる。このときは問題のコアファイターもあり、やっぱりこの時代もターンエーになって終わるのよねという空気はあった気はする。

しかし黒歴史という設定には弱点があって、まず黒歴史は西暦→宇宙世紀で始まることが必須であり、黒歴史と矛盾しないよう縛りを生じてしまうのだ。どうしても宇宙世紀が滅んだ後の西暦から遠い時代が舞台になる。アメリカが現存できない。
AGEが黒歴史に含まれるなら、ヴェイガンが住む前の火星がデストロン軍団に爆発させられるようなガンダムを作れない。
でもガンダム00はそういう縛りを気にしないで西暦にした。宇宙人も出てきた。何も問題は起きなかった。

∀ガンダムの頃
全てのガンダムを肯定すると言っていた99年当時は、Gガンダムを宇宙世紀と同ランクの話として肯定する意図が強かったように思う。
ガンダムと名乗ってはいるが、どう見ても宇宙世紀とは一線を画するGガンダム。ミノフスキー粒子だって出てこない。それを宇宙世紀と同様に黒歴史に含むことにしたのが∀ガンダムだったが、それは試みとして上手く行ったのだろうか?

∀ガンダムの過去には未来世紀が存在しなければならない。ウォドムの型番ごときはどうにでもなるが、シャイニングフィンガーは明らかに存在する。そして∀ガンダムが滅ぼして終わらせた。
そうだとすると宇宙に浮いてたネオジャパンコロニーもターンエーが消してしまったんだろうか。
それよりも、未来世紀の前に宇宙世紀があったってことなのか?ネオオーストラリアには宇宙世紀に滅んだシドニーはもう存在していないのか。
あれだけ西暦の姿を色濃く残しているGガンダムが、宇宙世紀よりもずっと後の時代?
技術レベルを考えるとGガンダムは最も未来にあるように見える。だから黒歴史の終盤だろうと考える人が多いようだが、どう見ても西暦の文明・文化が最も残っているのもGガンダムだ。過去の文化を作り直すのは技術を進歩させることよりずっと難しいんじゃないか。

黒歴史という設定は、乱暴にいえば「全部の時代が結局滅びましたよ」という話であり、ネオジャパンの衰退経緯まで説明を入れるアイデアではない。
∀ガンダムを見る上で「なんとなくGガンダムらしいものがあった」「富野由悠季はGガンダムのようなガンダムが作られる時代が過去にあったことを考えて作っている」ということまでは言えるだろうが、
Gガンダムの側から見た場合に、未来世紀が宇宙世紀の未来であり、やがて終焉して∀ガンダムに続くことを強制するほどの絶対性を認めるべきなのだろうか?
『機動武闘伝Gガンダム』は『機動戦士ガンダム』を原作とする二次創作的作品だが、
それに対する『∀ガンダム』もまた『Gガンダム』の派生作品とみなすべきであり、原作であるGガンダムにまで絶対的な影響を持てるのだろうか。
持つべきではないと僕は思う。
∀ガンダムはGガンダムを肯定したが、Gガンダムは∀ガンダムを肯定する義務を負わない。

仮定を重ねる人々
00も黒歴史に含むと考える人もいる。ターンXの説明書を書いた人もそうだろう。
それはいい。その考え方自体は否定する必要はない。
だけどそのことを全ての視聴者に強要できるかというと、それもできないだろう。
もしかしたら2回目以降の西暦(!)の果てで、今までに何本立てたかわからない軌道エレベーターのある時代、ELSと対話成立した後に、やっぱりどこかからターンエーガンダムが出てきて地球を滅ぼして終わる。
そういう想定を積み重ねれば、ガンダム00を黒歴史に突っ込むこと自体は無理じゃないだろうけど、そんなこと考えながら見なきゃならないのかとと言われても僕はちっとも楽しいと思わないし、視聴者の大半はそんなこと気にしない。気にしなきゃいけない理由もない。他者に強いる権利もない。
けど気にする人がいるんだよ。∀以降のガンダムも全部黒歴史に入るんだ、今度の新作はきっとGガンダムよりは前だろう、とか。

リギルド・センチュリーが宇宙世紀の次の時代だとして、その後に未来世紀やアフターコロニーやらがある必要は別になく、いきなり∀ガンダムの時代になってもいいし、ビルドファイターズさえも黒歴史に入ると考える人がいてもいい。
もちろん全部肯定する人がいてもいいんだけど、逆にガンダム00はやっぱり黒歴史に含まないと考える人がいてもよくて、
それを否定する人はいてほしくない。
公式媒体がガンダム00も黒歴史と断言したとして、それを大半の視聴者に納得させるのはどう見ても無理だ。Gガンダムですら難しい。
黒歴史というのは、「だいたいのガンダムは共通宇宙を舞台にしてるつもり」というおおざっぱな概念以上の効力はやっぱり持っていなくて、だから後から黒歴史に乗っかるガンダムEXAのようなものは作りやすいが、新作が黒歴史と矛盾しないことを強いる縛りとなるべきではない。
[ 2014/10/14 22:26 ] ガンダム | TB(0) | CM(3)

まず製作元サンライズ公式ではGレコまでの含む。当然BF系やSD、パロディは含まれないし、BF系は現代が舞台だしファンへのサプライズ作品なので含まれない。そもそも含まれたら宇宙世紀から始まる1万年続く黒歴史(正式にはアーマゲドン)に登場する人類は宇宙世紀以前の一国のアニメ会社が製作したガンダムシリーズを忠実に再現する為に1万年も正確に戦争してきた事になります。
ガンダムWラストは未来永劫と言ってもあくまでAC時代だけの話。
00も製作プランA(TVシリーズ)は∀のアデスカ世界樹神話をベースに。プランB(劇場版)は∀設定にある「黒歴史には異星生命体と接触した時代もあった」をベースにしてますよ。また西暦は宇宙世紀が西暦何年から移行したか未定な為(富野監督が当時、宇宙世紀開始はロズウェル事件でも1999年でも2045年でも自由とあやふやに言ってる)UC153までを西暦に換算してもある程度時代が開く様に西暦2300年代を舞台にしてる。(Gセイバーは製作権利上の問題で黒歴史に含まない)まぁGレコの性で宇宙世紀は1000年近く続いた事になったので西暦2307年で宇宙世紀に換算すると○○年みたいな感じ。そもそもガンダムシリーズにおいて年号の定義が決まってない。現代における人類共通年号か平成とかみたいに一部の範囲で使われる年号か不明。例えばガンダムWの時代はACだが、これは地球圏統一連合が定めたもので、同じ時間、火星では年号ACではなくMCが使われてる。(これは小説後付けではなく元々設定がある)そして後の時代にELSやイノベイターが存在しないのは太陽系外に旅立った為。
Gガンダム、∀がコロニーを破壊したのではない。確かに現在発表されてるシリーズの中ではGとAGEが∀建造の時代に近い(ナノマシン技術がある)が、それでも数百年以上の時間がある。これも∀設定にGの顛末を綴ったDG細胞事件があり、(裏設定じゃない)この事件のせいでナノマシン技術が凍結、再開は数世紀後とある。なので経年劣化で解体されたか通常のコロニーに戻したか(FC時代はコロニー至上主義だから国家の権威を示す為にあの形にしてるだけ。逆に後年、コロニー至上主義思想が廃れれば、あんな非効率な形状のコロニーを維持する必要は無い)もしくは他の時代みたいに外宇宙に旅立ったか。
ナノマシンですが∀でザクを出す為の設定ではなく、∀が月光蝶で文明を滅ぼした後、生物が生存出来なくなった地球環境を回復する為にムーンレィスが環境回復用ナノマシンをばら蒔いたのが元々の設定。その後、月光蝶ナノマシンの層の下には工場や基地とかが埋もれててMSとかが眠ってる。で、ジオン系からイフリートを出そう→マニアック過ぎる→じゃあ有名なザクに。といった経緯です。
[ 2015/01/31 11:11 ] [ 編集 ]

ちなみにガンダムEXAは∀の後の時代じななく、あの世界の人類がガンダムというアニメ作品をバーチャルで完全再現し、そこから様々な人類の強さを発見する話。だからあの世界の現実世界にはMSとか元々存在しません。
またウォドムとかですが、ネオジャパンナンバーなのにファントマと類似性が無いと言いますが、シルエットや武装からしても所謂ビグザム形、対艦隊戦というコンセプトは一緒。更に更にナンバーからファントマより数世代経ったファントマ直系子孫である事が伺えるしネオジャパン製の設定は元々ある。
ゴッゾー、そもそも対艦隊戦用機体です。
デザインラインから明らかにAW時代に造られた機体ですが、仮にTV本編の時代に造られたとしても後半の新連邦にはあの超汎用高性能量産MSネオドートレスがあるのでわざわざ表だって使う必要が無い。仮に15年前が現役だとしても終盤はドートレス等量産機よりもガンダムタイプが主戦力です。ガンダム1モデル辺り最低限3機は存在し、1機に対しGビット10機が付きますから。また戦後バルチャーが発見したとしても本来宇宙用のスタイルなんで使わないでしょう。
あとはTV本編時代では設計図のみで開発されなかったor試作機しか造られなかった→後年正式採用された可能性もあります。例えば一年戦争のアクトザクやガルバルディとかは当時、試作機止まりだったが連邦に摂取され7年後のグリプス戦没では正式採用され量産されてます。
[ 2015/01/31 12:16 ] [ 編集 ]

細かい部分まで読んでいただき、ご指摘ありがとうございました。
しかし最初にお断りしますが、当ブログは「00もGレコも全部黒歴史であり、BFは含まない」という見解を否定するものではありません。
あなたのように、そう考える方がいても構いません。しかし、そうは考えない人も現にいますし、それを否定することもできないという立場がこの記事になります。
また僕自身BFやSDガンダムが黒歴史に入らなきゃならないとは思ってませんが、00やGレコが黒歴史であってもなくても構わないという適当な立場です。

あなたの立場を否定するものではありませんが、僕も要出典厨ですので、幾つか確認したいことがあります。本題と外れる部分の質問も含みます。
>まず製作元サンライズ公式ではGレコまでの含む。
私が知らないだけかもしれませんが、このことがMGターンXの説明書以外のどこかでサンライズ関係者・公式媒体によって明言されたことがあったでしょうか。

>ガンダムシリーズを忠実に再現する為に1万年も正確に戦争してきた事になります。
その解釈で何か理論的な問題があるでしょうか。(そういう強引な解釈は大好きです)

>00も製作プランA~
これはどこに載っていた情報でしょうか。00の放送当時のことは疎いのですが…
また、∀の過去設定を意識した上で00が制作されていたとして、それが実際に作られたアニメに設定として残っているということにならないと思うのですが、なるのですか?

>UC153までを西暦に換算してもある程度時代が開く様に西暦2300年代を舞台にしてる。
これもどこに載っていた情報でしょうか。

>(Gセイバーは製作権利上の問題で黒歴史に含まない)
サンライズ関係者・公式媒体によって、Gセイバーは黒歴史に含まないと明言されたことがあったでしょうか。

>そして後の時代にELSやイノベイターが存在しないのは太陽系外に旅立った為。
後の時代にそれらが存在しないと明言されたことがあったでしょうか。

>(FC時代はコロニー至上主義だから国家の権威を示す為にあの形にしてるだけ。
これも僕が知らないだけかもしれませんが、そういう設定があるのでしょうか。

>ガンダムEXAは~あの世界の人類がガンダムというアニメ作品をバーチャルで完全再現し、
マジか。
白状するとEXAそんなに真面目に読んでないのでどこか見逃しているのかもしれませんが、そんなひどい設定だったらもっと話題になってる気がするんですが……

>ウォドムとファントマ&ゴッゾーとドートレス
このへんの似てる似てないは主観の問題なのでスルーさせていただきますが(僕はゴッゾーが新連邦製ではありえないとも言ってないですが)
>ネオジャパン製の設定は元々ある。
この情報源はどこでしょうか。ネオジャパン製かもしれないという推測での紹介ではなく、これはネオジャパン製だと断言している本があるのでしょうか。

質問は以上となります。
情報元の資料が特定できない場合は、いつごろのどんな媒体出典か、うろおぼえでも構いません。
めんどくさければ返答しないでも結構です。

>∀がコロニーを破壊したのではない。
これは私の勘違いがありました。∀が時代ごとに現れて文明を埋めていったみたいな話をどこかで聞いた気がしてたのですが、記憶違いかもしれません。失礼しました。
[ 2015/01/31 19:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kandatashine.blog.fc2.com/tb.php/31-b578dd7c