ウィザードリィと顔グラ

世界樹とWizの話を考えてたら思いついた話で、ウィザードリィ型RPGが衰退した理由に顔グラの存在が少なからず関わってるんじゃないかということだ。
いや、別に顔グラがないほうがいいという話ではないんだが…

「ウィザードリィ」は完全な主観視点で、自キャラのグラフィックを持たないゲームだった。文字と数字だけでキャラクターを表現しきっている。

主人公の姿が見えないゲームというのは、少しはある。
麻雀とかを別にすれば、ファミコンだと「ポートピア連続殺人事件」がそうだ。
プレイヤーは「ボス」という人物で、その姿は全く描写されていない。画面に映るのは部下のヤス。
昔持ってた攻略本では「ボス」はステレオタイプな探偵の姿で描かれていた。ボスって刑事じゃなかったっけ…
駿河屋に画像ある。
ポートピア連続殺人事件 完全攻略本
というか高いなこの本!

ファミカセだと「スターラスター」も自機らしいものが描かれてるけど画面ではコクピットしか見えない。

このへんのゲームが比較として適切かはともかく、「ウィザードリィ」のように自分のキャラクターの姿が見えないというゲーム設計は存在する。
しかしファミコン時代にも多くもなかったと思う。
だがPS時代でも国産ウィザードリィはこの方式を続けていた。様式美だからではない。顔がないことの恩恵が多かったからだ。
[ 2017/01/23 21:18 ] ガンダム以外 | TB(0) | CM(0)

世界樹の迷宮とウィザードリィ

1月18日で世界樹の迷宮10周年だった。
初代ディレクター新納一哉さんを始め、関係者がお祝いツイートをしたり思い出を語ったりということがあったが、特に何か新展開が発表されたわけではなく、10周年の日は何事もなく過ぎていった。
年内に新世界樹3か世界樹VIは発表されないのか!?
心配しても仕方がない。

このブログに書いたことはないが僕は「ウィザードリィ」が大好きである。大好きだった。
過去形である。
「ウィザードリィ」ってタイトルがついてるだけのよくわかんないゲームをやりたいとも思わないし、ダンジョンRPGなら何でも好きなわけではない。(なにしろ女神転生をやったことがない)
僕が好きだったのは僕が面白いと思ったウィザードリィだけだ。だから「ウィザードリィ」もある時期から全くやってない。

ウィザードリィが好きだった流れで世界樹の迷宮を買って、続編もだいたい買ってきたし、だからってウィザードリィと同じものとは考えていない。それはもう初代やった時点で違うと思ってたし、今後迎合してほしいとも思ってない。
というか世界樹やったころにはもう「ウィザードリィ」って名前がついてるだけのゲームのことがだいぶ好きじゃなかったので、もはや情報も仕入れないようにしていたし、それでも数年後にKOTYのwikiで「ウィザードリィ」という文字列を見たときはさすがに我が目を疑った。
それが現時点で最後の「3Dダンジョンのウィザードリィ」らしい。

2000年台以降の全部の「ウィザードリィ」がダメというわけではないというが…やってみたら面白いのもあるのかもしれないが…それをこの手で確かめるのはつらすぎる。
僕にその手を汚せというのか。
[ 2017/01/22 15:30 ] ガンダム以外 | TB(0) | CM(0)