ロンダルキアで右手法は有効なのか

ドラゴンクエスト2終盤の難所「ロンダルキアへの洞窟」。その難しさは余所のサイトでも参考にしてもらえばいいので語らないが、今回は5Fの落とし穴エリアの話をする。
「5Fは一見難しいが、落とし穴の配置が工夫してあり、右手を壁について歩けば落とし穴に落ちずに済む」という攻略法がネットにある。
これは間違いである。
これは落とし穴に一度落ちてから復帰する場合の攻略法だ。

説明用に5Fの簡単な地図を書いた。壁は省略しまくっているが問題はないだろう。
ロンダルキアA
Bが上への階段。AとCが下からの階段。
4Fから上がってきたスタート地点はAであり、目的地のBは目と鼻の先。
もちろん、この短い範囲に多数の落とし穴があるのが厄介なのだが…
右手法に従い、階段A周辺から近くの壁に沿って進んでみても落とし穴を回避することはできないのである。
(Aの右側の壁から北向きに歩いた場合、しばらく歩いたところで穴に落ちる。なお厳密には階段Aは柱に接しており、この柱の回りを歩けばすぐ穴に落ちる)
もちろん左手法でもダメだ。

Cの階段は何かというと、落とし穴に落ちてしまった場合に上がってくる地点である。この階段はスタート地点ではない。
Cから復帰する場合は、右手を壁について歩けば落とし穴に落ちずにBまで到着できるというのは本当だ。
しかし、本来行く必要のない5Fの西側を歩くことになり、かなりの遠回りとなる。

穴の位置には簡単な法則性があるというのも知られているが、そういう予備知識なしで挑む場合、右手法を思いついて実行するのと、プレイヤーが穴の位置をマッピングしながら進むのはどっちが簡単か。法則性も本当に簡単なので、マッピングする段階で穴の位置に気づく人もいるだろう。
マッピングする場合は穴に落ちまくるだろうが、法則に気づけば5Fを一瞬で突破できるようになる。対する右手法はまず穴に落ちてからの遠回りでの復帰が前提だ。時間をかけて突破しても、この後6Fや地上で全滅して往復することになるし…
制作者の意図がどうだったかはともかく、右手法が正解であるとは断言し難いと思う。

参考のプレイ動画

2分11秒から5F。
このプレイヤーは穴の位置を把握してるので、この難所を12秒くらいで突破してしまってる。

ちゃんとした地図が知りたい人は攻略サイトでも探してください。
[ 2017/07/29 23:15 ] ガンダム以外 | TB(0) | CM(0)

ピクダン2の58Fを完全クリアした人がいない話

※タイトルでおわかりでしょうが、当記事に58Fの攻略法はありません!
58Fの完全クリア法をご存知の方は私に教えなくてもいいので、すみやかにウィキなどに情報提供してください!


「ダンジョンRPG ピクダン2」は2012年8月22日に配信された3DS用ダウンロードソフトである。価格は税込み500円(2017年現在)。メーカーは「星霜のアマゾネス」など他にもダンジョンRPGを手掛けるインテンス。
公式サイト→http://www.intense.jp/picdun2/
内容を簡単に説明すると「フロアの謎解きに特化したダンジョンRPG」。全60Fのダンジョンを、階段を探し進んでいく、シンプルながら必要十分な設計のダンジョンRPGとなっている。
全てのフロアには隠し通路やワープなど、バラエティに富んだ謎が仕込まれており、それらを無視して階段をさっさと降りても先には進めるが、たいてい謎を解かないとマップは埋まらない。
本作の最も大きい要素がこの謎解きである。ダンジョンRPGはとかく戦闘を重視しがちなイメージがあるが(偏見)、本作は純粋に謎解きが多い。それも、「特定のマスを最後に埋めるようにマッピングしていく」とか、「壁に背中からぶつかることで変化が起きる」とか、「ローマ字の中に仕込まれた日本語のダジャレがヒントになっている」とか、珍しい仕掛けが多い。
そして全フロアのマップを埋めないとエンディングに到達できないようになっている(60Fで懐かしい感じのメッセージが出て追い返される)。

ダンジョンRPGというジャンルはバトルシステムが複雑化しがちであるが、本作の戦闘は防御と攻撃を使い分けるアクション要素のあるものとなっており、複雑さはないがテンポの良さを重視している。
ザコ敵を倒して得られるのは経験値のみで、アイテムを落とすことはない。強い装備も全てフロアの謎解きで手に入るようになっている。いわゆるハクスラ要素みたいなもんはない、本当にダンジョンの仕掛けと謎解きを楽しむのが主なゲームなのである。
でもボスキャラは配置されているし、バトル自体が謎解きにも絡むこともあるのでほどほどに戦わなきゃならない。

なお、本作はDSiウェアの「ピクダン」の続編だが、ストーリーのつながりはあってないようなものなので気にしないでいい。
[ 2017/07/29 21:02 ] ガンダム以外 | TB(0) | CM(0)

カシナートの剣の真相が伝わってない

5月15日追記あり
ウィザードリィシリーズでおなじみの武器「カシナートの剣」(Blade Cusinart')は、クイジナート社のフードプロセッサーを元ネタとしたパロディ武器である。
この真相が明らかになったのは25年前のことであった。

20年前ならともかく、いまどきウィザードリィの話をする人間がカシナートが何なのか知らないわけがないのである。
「日本人は名剣みたいに解釈してるけどこれ実はミキサーなんだぜwwww」と偉そうに説明してどうなるというのだ。
そんなの知ってるよ…
ひどいのになるとモンティ・パイソンとカシナートをいっしょくたに説明してたりするけど、同じパロディでも全然由来が違うだろと。

そんな「カシナートの剣」であるが、今になってこのブログでわざわざ書くのは理由がある。この話の肝心な部分がどうも伝わってないと思ったからだ。

ことの発端は「ウィザードリィ プレイヤーズ フォーラム Vol.1」(1992年)という本だ。これにウィザードリィ原作者のひとり、ロバート・ウッドヘッド氏のインタビューが載った。
そこで出た話題でカシナートは「フードプロセッサーの刃が棒の先端についた武器」だとぶっちゃけた。
しかし実はこれがカシナート問題の発端ではないのだ。
この話題がインタビューで出る前に、アスキーの雑誌「LOGiN」で忍者増田が「村正がミキサー」という情報を載せたことがあって、それをインタビュアーが聞いてみたところ、ウッドヘッドは否定、それはカシナートだと答えたのである。
そして、その情報はサーテックから聞いたのだろうとウッドヘッドは語った…
この詳細な経緯があまり書かれていなかった。
※ちなみにプレイヤーズフォーラムのVol.2は存在しない。

僕自身、この発端となった部分が引っかかっていたものの、ログイン誌を確認したことはなく、プレイヤーズフォーラムも何年か前に手違いでなくしてしまったのだった(だからこの記事は一部記憶で書いている。間違ってたら指摘をお願いします)。
しかし最近ログイン誌のバックナンバーが某所で読めることを知った。それで先日確認してきたのである。

雑誌ログイン 1991年No.12の「WIZでござるよ ニンともカンとも」の記述
>ウィズフリークなら誰もが知っている、スーパーウェポンMURAMASA BLADE!(以下村正)。もうすっかり日本刀としてのイメージが定着している村正だけど、海の向こうのサーテックの人は、当初まったく違うものをイメージしていたんだな。あちらの人の考えていた村正というのは、ジューサーミキサーの刃がでっかくなったようなもの。それがブルブルと飛んでいって、敵を攻撃するんだって(要するに、十字手裏剣みたいなものを、投げつけるような感覚かな?)。すさまじい破壊力で知られる妖刀村正も、これじゃぁなんか情けない感じだよね。以上は、その昔ログインにいたバカの親分の金盥鉄五郎が、サーテックの人から直接聞いた話だよん。あ、この人の名前を出すと説得力がなくなっちゃうな。やめときゃよかった。

つまり、この誤情報の出所は忍者増田ではない?
※金盥鉄五郎氏を「バカの親分」呼ばわりしていることについては、そういう芸風の雑誌だったので、そんなに悪意は込められてないと思いますとフォロー。

忍者増田氏はどうやら伝聞の情報を誌面に載せてしまったわけであり、そして情報源はどうやら忍者増田氏ではなかったわけだが、どこで間違いがあった?
忍者増田氏じゃなく、金盥鉄五郎氏が間違えたのか?
いや、そうではなく、サーテック自体が既に間違っていた可能性はないか?

そう、フードプロセッサーがミキサーになって、なぜか手裏剣になってることにはいかにも伝言ゲームっぽい雰囲気を感じる。
だが、伝言ゲームで間違ったとして、日本人のWIZファンがカシナートと村正を間違えるということ、ありえるだろうか。
逆に「ムラマサ」が何を意味するか知らないであろう一般のアメリカ人のほうが間違えやすそうじゃないか?
「ムラマサブレード」も「ブレードカシナート」も「よくわからんが英語っぽくない固有名詞のブレード」という観点では同じものではなかろうか。ムラマサは不確定名も「武器」だ。それに対しカシナートはソードだ。これだけ見ると前者のほうがミキサーっぽいよな。
ムラマサブレード、なんか日本語っぽい雰囲気の武器、たとえばそういう名前のミキサーのような家電製品だと解釈された可能性はないか?
機械的な武器なのにサムライしか使えないのも、日本製品だとすれば納得できるところもある(忍者が使えないのは知らん)
そして手裏剣のような武器だと誤って伝承されたと…

プレイヤーズフォーラムのインタビューに戻るが、すでにサーテックを離れていたウッドヘッドがサーテックの情報だろうと言ったことの意味は、サーテック自体がそういう間違いをやるだろうという認識があったからではなかったのか。

制作者の意図するカシナートの剣がパロディ武器であることは真実だろう。だがそれを「日本人にはわからないネタ」として説明する前に考えるべきことがある。
「カシナートを普通の剣と誤解したのは日本だけ」という、その認識自体が日本固有のものであり、英語圏でも通用していなかった可能性について考慮されていないのである

以下余談

ゲーム上の情報からカシナートについて考えてみる。
#1では村正、手裏剣に次いで3番目に強い武器が「カシナートのつるぎ」だ。ダメージ10~12という異様にダメージ分布の少ない性能はパロディ武器であることに由来している感じだが、これは憶測レベルの話になる。
そして威力の割に村正の10倍くらい入手しやすいのも特徴である。
※「あくのサーベル」は入手しにくいくせに不当に弱い。
僕もそんな当時の本たくさん読んだわけでもないけど、カシナートは実際出やすい。確率ならワースレイヤーと変わらないくらいだ。
なので、「伝説の剣」扱いしてるのは「パロディなのに伝説の剣扱いしてたwww」みたく当時を知らず後から見た人間の視点なんじゃないかなあ。
格好よい剣と解釈するにしても、あくまで変わった固有名詞(地名?人名?)を持ってるだけの優れた剣であって、伝説の武器であったはずがないのだ。

さて当記事ではパロディがサーテック内でうまく伝わっていたか怪しんでいるわけだが、それはともかく#4では「かき混ぜ器」としてカシナートの剣を要求される場面がある。
やっぱり基本的にはフードプロセッサーという解釈なのだろう。
その一方で#4の戦闘画面で登場する「カシナートっぽい画像」に関しては、たぶんこれがカシナートという裏付けはない。それこそグラフィック担当は村正のつもりで描いてる可能性だって否定はできない。
ウッドヘッドの説明では棒の先端に刃がついてるようなので、#4のグラフィックはその説明と異なっている。
ウッドヘッドの説明だと回転して穴を開ける武器のようだった。フードプロセッサーというよりドリルのような?

なおカシナートの不確定名は「SWORD(剣)」。前衛の戦士系職業しか装備できないし、剣のような技能を要求する武器なのは確かなようだ。
だからパロディ武器という前提があっても「カシナートの剣」は誤訳とは言えないのである。「カシナートの刃」と訳すのはちょっと配慮しすぎで、どんな形をしていようとこれは「剣」なのだ。

元ネタのクイジナート社が日本展開したのはウィザードリィよりもずっと後だそうである(記憶になるが確かプレイヤーズフォーラムでは「キュズインナート」とか表記していたはず)。カシナートの剣は、元ネタ通りCUISINART表記のときとCUSINART表記のことが不安定で、また表記が元ネタと違う理由も単なるもじりなのかもしれないが、素のミスという可能性もある気がしてよくわからない。
ともあれCUSINARTをクイジナートと訳すことはできない。元ネタの日本版に合わせるなら「クジナート」?

#5はSFC版にカシナートの剣が登場するが、これはSFC版独自ネーミングで、オリジナルのロングソード+3に相当する。PS版も設定によってSFC版の名前にできるが、本来の#5にカシナートの剣は無い。
#6以降にカシナートは再び登場するが、グラフィックは普通に剣であり、武器の分類、要求される武器スキル自体も「剣(スォード)」である。制作者が元ネタを知ってたかは別として、この時点では完全に剣だと解釈するしかないだろう。
日本展開ではプレイヤーズフォーラム発刊後のウィザードリィ外伝2では情報が反映されたようで、「カシナートのけん」の不確定名が「ブレード」になっている。

まとめ
・パロディという前提でも「カシナートの剣」は誤訳とは言えない。
・英語圏でこのパロディが通用していなかった可能性について一考の余地がある。
・パロディが伝わっていようといまいと、6以降は普通の剣であると見るべきである。
あと
・パロディ武器だったとして、それで戦う戦士は笑える存在だとは言い切れない。
・…でも名前はあんまりかっこよくないと思う!

ムラマサとかある世界なんだから、カシナートだって「調理器具みたいな名前の剣」「変なフランス語っぽい名前の剣」くらいの意識で受け入れてもいいと思う。
それが強いってのも面白いじゃないですか。

追記:クイジナートについてtwitter上でご指摘を受けました。Cuisinart社はアメリカ市場でのフードプロセッサーの代名詞的存在であり、77年の時点では50%のシェアを誇っていたそうです。
1981年時点でCuisinartブランドの知名度はかなり高かったと思われますので、パロディとしての通用度も十分あった、当時のアメリカ人ならCusinartの名前だけである程度連想はできただろうと考えて良さそうです。ご教示ありがとうございました。

…という重要な指摘をいただいたのでこの追記をしているのですが、当記事はまだ納得しきれてなくて(失礼)、武器の形状に関してゲーム内で描写されてないことも確かであり、またログインの記事が書かれた91年にサーテック内でどう思われていたのかもどうなんだろうというところは引っかかったままです。
もちろんサーテック内の誰も知らなかったということはないでしょうが。
そして「元がパロディだと踏まえても、途中からやっぱり普通の剣なんじゃないか」という意見はそのままです。

現地の感想を探してみたいと思ってwizardryのcuisinartについて検索しても当然のように日本語の記事ばかりひっかる状況なのですが、
数少ない英語記事である英語wikipedia Wizardryの記述「日本語版はクソ翻訳のせいでシリアスなゲームだと誤解されて、ジャップたちはカシナートの元ネタわからないで名剣としてありがたがってるんだぜHAHAHA(超意訳)」という記述も、調べたら英語ができる日本人の編者によって書かれたものでした
日本語版ウィザードリィの訳自体のレベルが低かったという記憶はまったくないのですが、日本版ウィザードリィに悪印象でも与えたいんだろうか。
[ 2017/03/06 20:59 ] ガンダム以外 | TB(0) | CM(0)

ウィザードリィと顔グラ

世界樹とWizの話を考えてたら思いついた話で、ウィザードリィ型RPGが衰退した理由に顔グラの存在が少なからず関わってるんじゃないかということだ。
いや、別に顔グラがないほうがいいという話ではないんだが…

「ウィザードリィ」は完全な主観視点で、自キャラのグラフィックを持たないゲームだった。文字と数字だけでキャラクターを表現しきっている。

主人公の姿が見えないゲームというのは、少しはある。
麻雀とかを別にすれば、ファミコンだと「ポートピア連続殺人事件」がそうだ。
プレイヤーは「ボス」という人物で、その姿は全く描写されていない。画面に映るのは部下のヤス。
昔持ってた攻略本では「ボス」はステレオタイプな探偵の姿で描かれていた。ボスって刑事じゃなかったっけ…
駿河屋に画像ある。
ポートピア連続殺人事件 完全攻略本
というか高いなこの本!

ファミカセだと「スターラスター」も自機らしいものが描かれてるけど画面ではコクピットしか見えない。

このへんのゲームが比較として適切かはともかく、「ウィザードリィ」のように自分のキャラクターの姿が見えないというゲーム設計は存在する。
しかしファミコン時代にも多くもなかったと思う。
だがPS時代でも国産ウィザードリィはこの方式を続けていた。様式美だからではない。顔がないことの恩恵が多かったからだ。
[ 2017/01/23 21:18 ] ガンダム以外 | TB(0) | CM(0)

世界樹の迷宮とウィザードリィ

1月18日で世界樹の迷宮10周年だった。
初代ディレクター新納一哉さんを始め、関係者がお祝いツイートをしたり思い出を語ったりということがあったが、特に何か新展開が発表されたわけではなく、10周年の日は何事もなく過ぎていった。
年内に新世界樹3か世界樹VIは発表されないのか!?
心配しても仕方がない。

このブログに書いたことはないが僕は「ウィザードリィ」が大好きである。大好きだった。
過去形である。
「ウィザードリィ」ってタイトルがついてるだけのよくわかんないゲームをやりたいとも思わないし、ダンジョンRPGなら何でも好きなわけではない。(なにしろ女神転生をやったことがない)
僕が好きだったのは僕が面白いと思ったウィザードリィだけだ。だから「ウィザードリィ」もある時期から全くやってない。

ウィザードリィが好きだった流れで世界樹の迷宮を買って、続編もだいたい買ってきたし、だからってウィザードリィと同じものとは考えていない。それはもう初代やった時点で違うと思ってたし、今後迎合してほしいとも思ってない。
というか世界樹やったころにはもう「ウィザードリィ」って名前がついてるだけのゲームのことがだいぶ好きじゃなかったので、もはや情報も仕入れないようにしていたし、それでも数年後にKOTYのwikiで「ウィザードリィ」という文字列を見たときはさすがに我が目を疑った。
それが現時点で最後の「3Dダンジョンのウィザードリィ」らしい。

2000年台以降の全部の「ウィザードリィ」がダメというわけではないというが…やってみたら面白いのもあるのかもしれないが…それをこの手で確かめるのはつらすぎる。
僕にその手を汚せというのか。
[ 2017/01/22 15:30 ] ガンダム以外 | TB(0) | CM(0)