スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ストーリーオブリルガミンをレトロフリークで動かした話

SFCの末期、99年にNINTENDO POWERの書き換え専用で出たウィザードリィ3本セット、正式タイトルは「ウィザードリィⅠ・Ⅱ・Ⅲ 〜Story of Llylgamyn〜」。
カタカナだとストーリーオブリルガミン。ニンテンドウパワー版を略してNP版とも書く。
結構なプレミアソフトである。VC化もされていないし、版権問題が当分どうしようもなさそうであるし、書き換え専用だから出回った本数も多くなさそうだ。
そんな本作をレトロフリークで動かした報告は現状かなり少ないため、実際にどうなるかをここに記録する。

なおレトロフリークは2017年6月購入、購入時点でV2.6だった。
カセットは2001年ごろローソン店頭で書き換えた正規品だが、正確な時期は覚えてない。

前提として、SFメモリカセット(NP書き換え専用カセット)について、レトロフリーク側が公式に非対応としている。
動作に問題のあるゲームリスト
実際はメモリカセットの全容量使い切るタイプのソフトは読めることが多いようである。ただし正常に認識しない確率も高く、認識してもタイトル名がUnknownになる。

今回は「UnknownGame_7C5A7F82」という名前で認識された。

見えないオーク
ゲームの挙動自体はおおむね正常。しかしB1のモンスターの確定グラフィックが表示されない。
ROMの複製自体に失敗しているのか、複製はできているがちゃんと動いてない状態なのかは定かでないが、ネット上で同一の報告が少数あったので共通の問題のようだ。


不確定グラフィックは問題なし。


マーフィーズゴーストは普通に出た。さらにB2以降のレベル1プリーストなどもグラフィックが出る。全モンスター検証していないが、どうやらデータ上で#1の№10までのモンスターと、その色違い(終盤にも出るメイジやシーフ系。またオークなどIIIに登場する同グラフィックのモンスター)が表示されないのだと考えられる。
すごく中途半端な範囲だが、不正な機器に対するプロテクトのようなものが働いているのかもしれない。パッチやチートで対応できるかは知らない。

ゲーム自体はIのエンディングまで到達可能であることは確認できた。もしかしたら気づいてないだけで他にも問題が起きてるのかもしれないが、僕はエンディングまで特に気づくことはなかった。
一部のモンスターのグラフィックがないことに我慢できるなら、別にレトロフリークで動かしてしまっても良いかと思われる。
IIとIIIの確認についてはパス。


念のため正規のスーファミで動かした場合、オークが正常に映ることは確認している。当時品とはいえロムが壊れてるわけではなかろう。
だがカセットもハードも古いので、正しいSFCでも起動成功率は低い。それに電池が切れてるみたいでセーブデータも壊れてる…
レトロフリークも挙動だの権利だのエミュレーターのソースだのうさんくさいところの多い機械だが、ある程度動いてくれたこと自体は良かったこととしてここに書いておきたい。
かくしてレトロフリークでの起動報告はおしまい。
スポンサーサイト
[ 2018/06/16 21:08 ] ガンダム以外 | TB(0) | CM(2)

MSVからドラゴンボール超へ

ドラゴンボールの記事を連続で書いてきた。
過去の原作を否定する戦闘力のデフレが起きているのではないかという話作者自身の語ったラディッツの設定が短期間のうちに変化した話だ。
これらは原作以外の媒体との関連性も深い話だった。

「MSV」(モビルスーツバリエーション)について最低限説明すると、アニメ「機動戦士ガンダム」のアニメに出てこない「高機動型ザク」とか「フルアーマーガンダム」とかのバリエーション展開のことがMSVと呼ばれている。
さらにメカだけでなく、そこに登場したキャラクターやバックストーリーもひっくるめて「MSV」と呼ぶ。
1982年の映画でいったんアニメ展開が終了したガンダムだったが、このMSVを中心にプラモデルの展開は継続し、その設定の一部は85年の続編「機動戦士Zガンダム」でも使われることになった。
このMSVに登場するモビルスーツは、ほとんどはザクやグフ、ガンダムなど、原型となるモビルスーツが原作側に存在する。砂漠用のザク、水中用のザク、試作型のドムといった感じで。「高機動型試作機」のような例外もあるが、そういうものは少数である。
完全な新規メカを中心に展開する「MS-X」も企画されたが、Zガンダムが始まる都合で本格展開することなく中断してしまった。
経緯についての詳しいところは最近発刊された「MSVジェネレーション」という本を参考にするとよいです。
大事なのは「MSVにどういう設定があるか」ではなく、「MSVがどのように生まれ育っていったか」である。

・ドラゴンボールとMSV
実は同じようなことをやってきた作品がドラゴンボールだ。特に2009年あたりからのゲーム独自展開、知ってると思うけど完全に高機動型悟空というかフルアーマーバーダックというか。
何しろこのドラゴンボールという漫画、異様にMSVを考えやすいのだ。
まずベジータさんの超サイヤ人3を考えなかった読者がいないはずがない。なった。外見の変化もカカロットさんと共通なのでデザインも一瞬でできる。水中型ザクのように難しい装備を考える必要はない。
ブロリーも3になった。いっそ4もやっちゃうか!
バーダック、トランクス、悟飯、ゴジータ、ベジット、ラディッツ、特にやりやすい超サイヤ人3は次々と増殖した。ナッパもヒゲが伸びた。
簡単に増やせる超サイヤ人だけではないぞ。超17号にいろんなもんを吸収させてみたり、ベビーやらジャネンバやらを悪魔合体させてみたり、基本はMSV的発想だ。それも昔のガンダムよりもかなり安易な。
[ 2018/06/02 22:34 ] ガンダム以外 | TB(0) | CM(0)

君は「激突100億パワーの戦士たち」がどの映画か覚えているか

次の記事を予告しておきながら急に書きたくなったので別の話をしますが、次の記事とも大きく関わる劇場版ドラゴンボールZの話題なので、先に書いておきたいのです。
知っての通り、今年の末には映画『ドラゴンボール超』が公開されることが決まっているが、まだサブタイトルは明かされていない。サブタイトルはないのかもしれない。タイトルの通りアニメ版『超』の続きだという。

思えば『神と神』『復活の「F」』は『ドラゴンボールZ』というタイトルだったが、内容は原作に準拠したものである。旧『Z』のアニオリを反映していなかったし、キャスティングも『改』のものだが、舞台は『Z』時代だったし、タイトルを改とせずにZにしたのは特に文句を言うところではなかった。
今度の映画が旧Zの独自要素を一部反映している『超』の続きだとすると細かいところが復活のFと変わってくるかもしれないが、まあ大して気になるほどの違いもないだろう。
でも『超』見てないとついていけない描写はあるかも。また出てくるっぽいフリーザとか。

しかし今回話題にしたいのは旧『Z』の映画だ。アニメのZと矛盾しまくるけど、微妙に映画由来の設定がテレビに絡んでくることもあるややこしいやつ。
あれらのサブタイトルがものすごくわかりにくいと思いませんか?
「神と神」「復活のF」誰と戦うかすごいわかりやすいでしょ。それに対し、昔のやつは「メタルクウラの映画」「ヒルデガーンの出てくるやつ」と敵の名前で記憶され、あえて長いサブタイトルを使うことがない。
それ以前に内容を決める前にサブタイトルを先につけてるんじゃねえの?というやつ。youtubeで見れる予告映像もテレビの映像の使いまわし多いし。
無印時代には「魔神城のねむり姫」とか正しく内容を反映したタイトルができてたじゃない!100億パワーの戦士たちって誰のことよ!?
今回のテーマは、この旧ドラゴンボールZ映画シリーズ全13作のサブタイトルをうろ覚え知識で記憶することだ。
[ 2018/04/15 22:48 ] ガンダム以外 | TB(0) | CM(0)

ラディッツは弱くない?サイヤ人の上級戦士とは

ナッパ1

孫悟空=カカロットはサイヤ人の下級戦士だったが、その厳密な定義が原作中に出てきたことはない。と言っても、初期値が低かったという程度の話は出ていた。
そして原作中でカカロット以外の階級が明かされたことはなかった。偉そうにしてるラディッツはナッパより大幅に弱かったが、別にラディッツが下級戦士という情報は原作にはないのだ。下級がいる以上「上級」もいるんだろうとは思われたが。

サイヤ人の階級について設定が明かされたのは2014年。
最強ジャンプ2014年3月号ふろく「エピソードオブバーダック」の単行本巻末の鳥山明がオオイシナホの質問に答えるというコーナー
>Q7
>バーダックの最終的な戦闘力はどのくらいだったんでしょうか?(「エピソードオブバーダック」内で)
>また、フリーザにやられずに成長したらどのくらい強くなったんでしょうか?

に対する鳥山回答
>●正直そこまでは考えていませんが、バーダックは下級戦士です。といっても下級戦士がほとんどで、中級戦士はわずか10人ほど、上級戦士に至ってはベジータ王とベジータ王子しかいません。バーダックは下級戦士としては上位にいますが中級戦士にはなれていません。
>この階級は持って生まれた潜在的な戦闘力で決められますが、もちろんその後に大きく戦闘力が上がれば昇級ができます。

質問の回答になってないように見えるが…原作者によるかなり具体的な階級制度がここではじめて明らかになった。
そして編集コメント
>中級戦士でもたったの10人!? サイヤ人はとんでもなくきびしい階級社会で生きていた…。ナッパクラスの戦士がやっと中級戦士といった所だろうか。

階級は主に強さだけで決まっており、成長による昇格の可能性もある。そしてベジータ親子だけが上級である以上、ラディッツは絶対に上級戦士ではない
この設定でもラディッツが下級か中級かは言明されていないが、しかし10人しかいない中級にラディッツが入る感じではないだろう。ラディッツはサイヤ人の大半を占める下級戦士であったと考えるのは自然だった。実際、ごく最近ドッカンバトルでもラディッツを下級戦士としていたそうである。
ところでアニメにおいてはバーダックとターレスが下級戦士とされていたこともあり、バーダックの息子のラディッツが下級戦士というイメージは過去よりあった。だからこの2014年の設定は従来のイメージとうまく一致しているのだが、この2014年設定では下級戦士の比率が相当高いことがわかる。これは受け取り方によっては、下級と言ってもラディッツが決して実力的に劣るとは限らないということも意味する。アニメのバーダックも下級戦士にしてはやたら強かったし、ラディッツもナッパに比べれば弱虫というだけで、巨大な下級戦士という区分の中での下位グループと考える根拠はない。えらそうにしてたラディッツは、サイヤ人という強戦士族の中で標準的な下級戦士なのであろうと。
さらに編集コメントの通り、エリートのナッパがこの中級戦士だったのかなという予想もできる。
あくまで予想であって、これも明言しているわけではないことに注意したいが。
ナッパ2
とはいえドラゴンボールファイターズ(2018年2月発売)でもナッパを中級戦士としていた。上級じゃないナッパさんがイキってるのも、中級が既に少数のエリートだという前提があるからだ。これは新しい設定を反映した描写なのである。はずでした…

ここで最新設定。2017年末に出た最強ジャンプ2018年1月号ふろく「ドラゴンボール サイヤ人超最強COMICS」の巻末にも鳥山明のQ&Aコーナーがある。
>Q3 サイヤ人はみんな戦闘員になるの?
>赤ん坊が生まれると、すぐに戦闘力が測定されます。数値が基準より高ければ上級戦士と見なされ、すぐに戦闘員候補として育てられます。一方、ある時期が過ぎても数値の低い者は下級戦士とみなされ、技術者になるか、飛ばし子になりポッドでどこかの星に飛ばされてしまいます。その星を征服できるほど強く成長すれば戦闘員として故郷の星に帰ることができます。しかし、飛ばされた子どもの生存率は高くありません。ラディッツは上級戦士だったので、正規の戦闘員としてナッパのいるグループに配属され子どもの頃から闘っています。やがてベジータがそのグループに加わったというわけです。

うん、言ってることが全然違ってるが…
[ 2018/04/08 19:59 ] ガンダム以外 | TB(0) | CM(0)

復活のFで起きたデフレの話

ドラゴンボール ファイターズ_20180325205831

ドラゴンボール超が終わった。結果から先に言うと最終話のフリーザと悟空のやりとりで全て許せる。
復活のFからの流れの全てが、不満すら含めてここまでの伏線であったと言おう。
フリーザが生き返ってからまた死ぬ展開は無駄ではなかった。

「復活のF」以降、フリーザというキャラクターの扱いはいろいろ変化したが、そのひとつが戦闘力だった。
今さらジレンの戦闘力はいくらなのかとか気にしてもしょうがないのだが、力の大会においてもフリーザは十分以上に戦力として活躍した。17号もだ。こいつらは超サイヤ人ブルーの悟空以上の戦力を発揮し、最終話では謎のコンビを結成した。
…意外と超サイヤ人ブルーって、努力で追いつけるレベルとイメージされているのか?

フリーザの戦闘力として、よく言われる億とかのインフレは原作に出てきたものではない。原作ではフリーザ第二形態の「100万以上」を最後に、それより上の戦闘力が出てきたことはない。
そして鳥山明は超サイヤ人を10倍くらいのイメージだという(2009年の発言)。
フリーザの戦闘力が億まで行くのは、界王拳なしの悟空がフリーザ第三形態より強いベジータ以上で、かつ悟空の20倍界王拳がフリーザの半分に満たないという想定から、ライターが逆算して決めた数値だと思われる。だから最終形態が文字通り桁違いとなってしまっているが、マンガの描写を見る限りいくらなんでも第二形態から100倍以上というのは数値が大きくなりすぎだ。
それに最終形態といえどピッコロやクリリンで一瞬足止めすることはできたのだ。数値上100倍の差があったとして、それは攻撃が全く効かないことを意味するものではない。これは原作に出ない数値が意味もなくインフレしているだけである。

だがインフレが起きていないかというとそんなことはもちろんない。
[ 2018/03/26 00:13 ] ガンダム以外 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。