カカフリが熱い

テレ朝のアレで仮面ライダービルドの裏番組にされてしまったドラゴンボール超は宇宙サバイバル編が始まって既に半年以上。力の大会開幕からでも4ヶ月が過ぎた。48分あった試合時間も残り19分…まるでナメック星で戦っているような進行速度だが、このシリーズで注目されるのはフリーザである。
ドラゴンボールは一度は敵だったものが仲間になるパターンを繰り返してきた漫画だが、他の漫画と少し違うのは悪人が悪人のまま仲間になることがあることだ。ピッコロは仕方なく共闘した後で改心していった。ベジータは改心しきれなくて悪人に戻るために裏切った。
それがドラゴンボールという漫画であり、ついに原作中で仲間にならなかったフリーザもその対象となる日が来た。

フリーザと悟空の関係はそんなに長くはない。フリーザにしてみればしぶといベジータを倒したら急に出てきた知らないサイヤ人で、2度目に自分を殺した相手ではあるが戦ったのは正味2回だけ。
悟空にしてみても惑星ベジータの記憶はないし、クリリンも生きてるので仇としてはそれほどこだわってない。
これまでのフリーザは単純な強敵であり、正しいライバルの位置に立ったことはなかった。
復活のFまでのフリーザの扱いもライバル的ではなかった。アニオリの地獄でセルと一緒に出てきて適当に倒される。復活のフュージョンで適当に生き返ってインフレについていけず瞬殺。
「復活のF」の功績は、インフレを解消してフリーザを一線級の戦士として生き返らせたことだ。

フリーザのスカウトを思いついたのは悟空だ。だいたい悟空自体そんなにすごくいいヤツじゃないので、そういう仲間を許容する男で、ベジータさんですら反対なのに、なんか嬉しそうにやたらフリーザを推す悟空。いやおそらく本当に嬉しいのだ。悟空は合法的にフリーザを味方にできることを喜んでいた
そしていざ会えばそんな浮かれた様子を全く見せずに、まるで何ヶ月も戦い続けた宿敵のように険悪な空気を演出しながら、お互いなぜかお互いのことを理解してて妥協点の探り合いをやる。
あのフリーザが悟空をよく理解してるのだ。ベジータの思考は大して読めてなかったフリーザが悟空のことはよくわかってる。自分と戦いのだろう、自分の強さを見たいのだろうと煽ってくる。その通りなのでちょっと苛立ちながらも認めてしまう悟空。
この関係、完全にキている。
サイヤ人嫌い、特にソンゴクウのこと大嫌いなフリーザ様、嫌いすぎて生き返る予定もないのに死んでる間もずっと悟空の倒し方考えててイメージだけでパワーアップしちゃうほど嫌いなので、誰よりも悟空の煽り方を知ってる。だけど煽るだけじゃつまらないからつい挨拶ついでに殴っちゃうくらい嫌い。
実際会ってみたら悟空もフリーザのことやっぱり嫌いなので思わず殴り返しちゃう。いくら悟空さでも意味のない暴力を気軽に振るえる相手など今までいなかった。これは…すごいぞ。カカフリの危険性はもはやただのパパ友と化したカカベジを越えている
フリーザはカカロットと呼ばないけど響きがいいのはカカフリだな。

さっさと行きたい悟空に「あなたも付き合いなさい」って命令系で言うところはもう最高。
こいつら本当に嫌い合ってるはずなのに、なんでこんなやつと組まなきゃならないんだとイヤになることは全くない。お互いを理解してる。この関係が成り立つのも、どちらかと言えばフリーザのほうが悟空を信頼しているからだ。
フリーザは長年死んでる間に勝手に理想の上司とか勝手に言われたりしたけど、実際はギニュー隊長以外の部下には優しくない人である。
そのフリーザが悟空を助けることに抵抗はないのか?
ない。かつてナメック星で助けたのと逆の立場で、助けられた悟空もあまり気持ちよくないからな。フリーザは悟空をちょっと扱いにくい部下と同じレベルで制御できるし、悟空を助けるだけで悟空を苦しめることもできるので気分は最高である。でも見られたら恥ずかしいので見えないところでバレないように助けるのは忘れない。宇宙の帝王がデレるところを見せていい相手は悟空だけ。

余裕の態度のフリーザはジレンの相手をするのは悟空だと言う。悟空ならばジレンを倒せるという本心からの信頼なのか、それとも実はフリーザも悟空と同じレベルのパワーアップができる自信があるのか。
やっぱりフリーザは第7宇宙の存亡もどうでもよくて、最高のタイミングで裏切るつもりなのか?
この味方なのにちっとも油断できない危険性こそ、フリーザに求められていたものではないだろうか。

「復活のF」の功績は、インフレを解消してフリーザを一線級の戦士として生き返らせたことだった。理想の上司などという原作にそぐわない虚像を否定する悪くて強いフリーザの復活。
しかし…それだけの話なら予告編だけで終わっておけば良かったのだ。普通に悪くて強いフリーザを普通に倒して終わる話で盛り上がれというのは厳しいものがあって、それだけでも厳しいのにパワー切れ狙いなどというつまらない勝ち方。やろうと思えば理想の上司という虚像を実体化させることさえできただろうに、ただの悪い奴である。ライバルとも言えない。この先のフリーザの扱いに暗雲が立ち込めたと言っても良かった。
だがその不安を解消するように、悪くて強いフリーザの完全復活だ。悪くて強いのに仲間。仲間なのに全く安心感がない。なのに助けてくれるし頼りになっちゃう。
これは復活のFの不遇を経たからできる展開だ。映画とテレビで2度も同じことをやったのは無駄ではなかった。決して相いれないフリーザと悟空の、ベジータとは全く違う位置でのライバル関係。連載終了から長い年月を経て、強いだけではない、安易に理想的なキャラ付けでもない、本当に悪いフリーザ像はついに完成に至ったのである。

まあ…
たぶん今のフリーザの活躍ってほとんど原作者の案じゃなくてアニメのスタッフのオリジナルでさ…アニメのスタッフはよくやってると思うんだけど…
フリーザの活躍はいいけど宇宙サバイバル編ってストーリーものしてどうかと思う展開で…バトルロイヤルなのに戦いが同時進行してる感じが全然ないし、何ヶ月もやるバトルロイヤルに48分って時間を与えてしまうのは構成レベルでどうかしてる。で、今までのパターンからして原作者の原案によるろくでもないオチ、たとえばフリーザが消滅する的な…が待ってる予感が既にあるわけである。

ドラゴンボール超だっていつかは終わるし、宇宙サバイバル編かその次くらいで終わるのかもしれないが、今のフリーザと悟空の関係は先につながるものであってほしい。
[ 2017/11/15 23:03 ] ガンダム以外 | TB(0) | CM(0)

∀ガンダムとGレコの順番に見る真意

「ガンダム Gのレコンギスタ」は「∀ガンダム」の500年程度未来を想定した物語である。
放送終了から半年近く経った2015年8月27日、生配信されたトークショー「夜のGレコ研究会 ~富野由悠季編~」(跡地 http://live.b-ch.com/g-reco)で富野監督によって不意に明かされた事実だ。
これは大変な混乱を生じた。同席した小形プロデューサーを筆頭に関係者の誰もこの事実を知らなかったし、リギルド・センチュリーは∀ガンダムの時代「正暦」より前と放送前から設定にも明記してあったからだ。
それから2年が経過した。表向きは何も起きていない。何も。

・ターンエーは最後のガンダムである
はずだった。それは「∀ガンダム」という作品内だけで留まる話ではなく、以降に作られるすべてのガンダムに対して強制力を持つ設定であった。00もAGEも全て黒歴史に含む。
プラモの説明書にもそう書いてある。
MGターンXの説明書
当然「Gレコ」もそうだと思われており、メカデザイナーを含む何人かの関係者もそれを意識して制作していたことは幾つかのインタビューでも明らかになっている。
Gレコの設定でも、リギルド・センチュリーは「『∀ガンダム』で描かれた"正暦(Correct Century=C.C.)"よりも前の時代に位置する。」と最初から書いてある(先行上映のパンフレットの記述)。このような明記は異例なことである。00やAGEは黒歴史に含まれると作品の外側で言われつつ、わざわざ作品内の設定で宣言などしていない。設定で正暦より前だと宣言しているリギルドは、∀に明確につながる物語だという意識が他のガンダムより強かったように見えた。…番組の外では。
※SEEDは黒歴史関係の話題が設定上にもあったかもしれない

・設定は変わっていない
富野監督自身がよく自覚しているようなのだが、トミノの発言に公式設定としての効力はない。Gレコは∀より後だと富野が言おうと、それが関係者の承認を経て公式設定とならなければ効力がないのだ。
で、研究会から2年が過ぎた2017年現在の状況を確認しておくが、どうも2年経っても設定が変わった様子がないのである。
そりゃGレコの設定がいまさら更新されるタイミングがないから、そうなるでしょ。

発売が延期されて研究会の翌月に出た「ガンダム Gのレコンギスタ オフィシャルガイドブック」が最後のチャンスだった気がするのだが、この本の用語集でもリギルド・センチュリーの項で「なお『∀ガンダム』の作品世界「正暦」は、さらに先の時代である。」って書いてある。延期しても反映するヒマはなかったか。
また各種文献にはこの設定が書いてあるが、公式サイトの用語集には正暦との関係が書いてなかったので、特に更新されることもなかった。
これが公式サイトにも書いてあったなら、逆に後からでも更新しなおすこともできただろう。

・発言自体も消え去っている
研究会の映像はスマホアプリ「ガンダムチャンネル」で再配信され、問題の部分も編集されていなかったので、公式的にはセーフな発言だったのだと思う。
しかしガンダムチャンネルはガンダムファンクラブに移行し消滅、研究会の動画もどのタイミングで消えたのか知らないが、今は残ってないようである。gundam.info等での公式レポートもなし。ガンダムエースとかにもたぶん書き出されてない。
富野の発言は公式には残っておらず、見ていた人間の非公式な伝承の中だけに残されている。

これが2017年現在の状況だ。
いや劇場版Gレコが正式発表されれば何らかの設定化はあるかもしれないが、劇場版がないんだからしょうがないじゃない…
公式サイドこそ発表のタイミングをじっと待ってる可能性はあるものの、2017年9月時点では相変わらず「Gレコは∀ガンダムより前」というのが公式設定のままである。客観的にそう考えるしかない状況にある。

ここからは長い話になる。
[ 2017/09/18 19:48 ] ガンダム | TB(0) | CM(0)

レーシングラグーン ファンブック GALE A MOMENT

プレイステーションソフト「レーシングラグーン」は1999年6月10日に発売された。
現在でこそポエムゲーとしての評価を確立しているが、当初はあの強烈なシナリオ部分に突っ込んだレビューがされておらず、正しく評価されていた記憶はない。プレイした一部の人間がどうもおかしいと気づき、口コミで広がり始めるまでに一年くらいかかってたようだ。
そんなレーシングラグーンのわずかに存在する関連商品としては「横浜最速攻略本」「サウンドトラックCD」そして「ファンブック」の三つがある。
これらを三種の神器と称する。(ちなみに僕もサントラは持ってない)

「レーシングラグーン ファンブック GALE A MOMENT」は、1999年7月15日に、故デジキューブより発売された。
当時あった公式の紹介はこうだ。
デジキューブ公式サイトのアーカイブ
「男は何故、スピードを求めるのか?」速さにひかれた男達のエピソードがちりばめられた「レーシング ラグーン」ファンなら当然のこと、車好きにもたまらない、魂のこもった熱い一冊。[徹底取材]フォーミュラニッポン、GT選手権で活躍する2人の現役レーサーが語る。伝説は栄光へのプレリュード~脇阪寿一選手インタビュー~最速の彼方を目指して~金石勝智インタビュー~

……これ、ゲームの話載ってるの?
旧スクウェア時代のレーシングラグーン公式サイトでも、本書の存在に一切触れていない。
あまりにも中身がわからなすぎて心配になってくる。この発売から18年が過ぎ、デジキューブも旧スクウェア公式サイトも死に絶えた現在も大して変わっておらず、本書の中身は実際に読んだ人以外ほとんど知らないのではないかと思う。
ここではっきりさせておくが、本書はちゃんとゲームの話が載ってる本である
[ 2017/09/02 22:48 ] ガンダム以外 | TB(0) | CM(0)

マレーネ・カーンが爆死していた件

(私の姉はザビ家に尽くし、宇宙の果てで死んでいった。しかし私は死ぬものか。
新しい血をザビ家に加え、必ずや復活してみせてやる。ネオ・ザビ・ファミリーよ)


『機動戦士ガンダムZZ』32話「塩の湖を越えて」でハマーンがこのように語っている。

『ガンダムZZ』のラスボスたるハマーン・カーン。その動機には、ザビ家を好いていないというのが根底にある。ハマーンは姉のようになりたくはないのだ。
だからハマーンはザビ家の名前だけ利用して、自分好みのジオンを作ろうとしているのである。44話でもザビ家を利用して見返してやりたいという本心をジュドーにぶっちゃけている。
ハマーン・カーンのこういう立場は、セリフ量としては大したことはないが、アニメでもはっきり描写されているもので、そんなにわかりにくい話ではないと思うのだが…
『ZZ』をちゃんと見てれば、という条件はつくが…

さて『ZZ』32話で言及されているハマーンの姉だが、アニメ中で言及があるのはここだけだ。名前も含めてどんな人物だったのかは定かでないが、アニメの説明だとハマーンと対照的にザビ家に忠実な人物だったようである。
[ 2017/08/06 22:19 ] ガンダム | TB(0) | CM(0)

バウとバーザムがつながった

発売から一ヵ月経過したが、モデルグラフィックス2017年8月号は、バーザムファンの聖典となる一冊であった。
特に岡本英郎インタビューでは数多くの新事実が明らかになったが、今回はそのひとつ、バーザムがバウになったという話について考えてみたい。

バーザムが可変機だったという噂について尋ねられた岡本氏、「結局それがバウになったんですよ」と衝撃の告白をする。
・デザインが終わったバーザムを今度は変形させようということになり、分離合体のデザインを考えた。
・途中までやって出渕裕に渡した。
・バウの顔は最初はもっとバーザムに近い形だった。

ということで、バウの原型はバーザムだった

いろいろ前提の話が必要だろう。

バーザム可変機説について
そういう噂はあったが、これは特に根拠のある話ではなかった。ネット上で見られた俗説である。
誰が言い出したということでもなく、特定の由来はないと思う。バーザムのMA的な丸い胴体や、リアスカートの羽根っぽい形状とか、なんか変形しそうな感じはあった。
しかし決定稿のバーザム自体は、特に変形しそうな構造は残っていない。
強いて根拠を探すと、数年前に岡本さんがtwitterで可変の話を振られて、否定しない反応を残した、というのがあったのだが、これは思うに可変機としてデザインされていたわけじゃなくて、後から可変機につながったことを思い出しての反応だったのだろう。俗説はあくまで俗説だったようだ。

バウのデザインについて
バウのデザイン経緯は何度か語られているが、ラフもクリンナップも出渕裕のものであり、主にひとりのデザインだと考えられていた。ガンダムZZで出渕裕がクリンナップまでしたのはバウだけだと当時から明言している。あとガルスJの頭部だけ出渕クリンナップ。
バウがZガンダムを意識したデザインということもわかっている。『MISSION ZZ』でも「Zガンダムを単眼にしたイメージで描いた」と語っている。
(デザイン上はそうなのだが、設定上ではごく一部の資料を除いて、Zガンダムとのつながりを示す説明は稀である。近年RE/100でZ計画機の影響を受けた設定を採用している)
トサカがついてるMSは珍しく、バウからバーザムを作れるのではないかという話はモデグラでも以前やっていたが、デザイン段階でつながりがあるとまでは考えられていなかった。

さてバウのラフが載っているのは、『出渕裕 メカニカルデザインワークス I』(2巻は出てないっぽい)の29ページ。バウの原型「ヒリュー」のラフが掲載されているのだが、

>連邦のガンダムや百式をベースに開発されたんでしょーね、やっぱし・・・
ゴッタ煮メカだねホント・・・


いやデザインしたのあなたじゃないんですか?!

この他人事みたいなコメント、つまりラフの前に誰か別の人がデザインしたものがあったということではないだろうか。その段階で百式とZガンダムっぽい要素があったと。
その原案が今まで明らかにならなかったのは、あえて出渕裕のインタビューで触れるようなものではなかったのかもしれないし、むしろ誰がデザインしたものか出渕さんにも定かでなかったのかもしれない。
モデグラの岡本インタビューでも、富野監督がいろんな人のデザインをコラージュしてデザインさせてたという証言をしている。バウもそのたぐいだったかもしれない。

だいぶ憶測が入ってしまったが、ヒリューからバウになる過程で百式要素は薄れ、ゴッタ煮ではなくZガンダムひとつに似せた機体へと集約していった様子はデザインからも見える。
ついでに憶測を重ねると、出渕裕は陣営の違いや開発系譜を比較的考えるメカデザイナーだと思うのだが、バウは敵勢力のパクリという珍しいMSである。これも系譜をあまり考慮していない原案が先にあり、たまたまZガンダムのゴッタ煮っぽかったと考えると話が合ってる気がする…
ゴッタ煮よりはZガンダムひとつに絞ってパクったほうが系譜的に納得しやすいと…

もひとつ、モデグラのインタビューとは別の岡本インタビュー
このインタビューに岡本氏がバウの原型の画稿を持ち込んでいる。「あ、バウだ!」という反応から岡本氏が「バウだとすぐわかるMS」の画稿を持っていたことは確かなようだ。
(このインタビュー、掲載順が前後しているがモデグラのインタビューより後にやってるように思える)間違いでした。モデグラのインタビューはHGUC発売後です。
この最近の情報で、バーザム自体がZガンダムに寄せていることもわかってきており、可変化する過程でZガンダム化していくのは意外に納得しやすい流れにある。

……以上、「バウ=バーザム説」を憶測まじりで周辺資料と照らし合わせた理由についても触れておく。
失礼な言い方をしますが、出渕裕、岡本英郎、両名とも何十年も前のことを正確に記憶しているとは限らない、というのは念頭に置く必要があります。特にバーザムの話はこの30年全く出てこなかった話だった。
「Zガンダムからデザインされたバウ」と「バウの原型はバーザム」、この矛盾しているようにも見える説明は、どちらかの記憶違いや誤認によるものかもしれません。そのため、むしろ疑う立場で文献を確認し、結果、両者の説明に矛盾はないと僕は結論づけ、その確認も含めて記事としました。
今後この岡本証言が補強されるかもしれませんし、逆に反証も出てこないとは言えませんが、2017年の時点では「バウはバーザム」はある程度確認されたものと考えています。

真面目な話はここまでにして、あとは適当な話をする。

憶測重ね
気付いてる人は気付いている話なのだが、センチネルのリファイン版バーザムにはZガンダムや百式の要素が入ってる…
モデグラ8月号の作例でもガンダムMk-IIとバーザムだけじゃなく、頭部と足首にZプラス、スカートに百式を使用している。
Mk-IIの量産機としての「こうなる筈」のバーザムとしては不自然に思える。

岡本原案バウがどんなデザインだったか結局わからないのだが、バーザムを分離可変機にしてZガンダムと百式の要素が混ざったものだとすると…
センチネルバーザムはバーザムをMk-IIにしてZガンダムと百式の要素を混ぜて、最終的にネオジオンに合流したかもしれない機体…そのムーバブルフレームはネオジオンで生かされた…?

バウのラフを見たのが出渕裕だけとは限らない。明貴美加やあさのまさひこ、カトキハジメも見ていたかもしれないし、見てなくても出渕裕から話を聞いていたかも…

これは真面目な話でもあるのだけど、バーザム改にどうしてZや百式の要素が入っているのかは個人的な謎だった。カトキ氏がエゥーゴ側の機体に似た意匠を持ってくる理由、何もないということはないと思う。
と言ってもトサカがついててZガンダムに似てる機体なんてバウくらいしかないし、まさかそのミッシングリンクを意図してるのか…?と僕が考えたこともないではないのだ。
これを「カトキはバウの原案を知っててそれに近づけた」という設定にすれば個人的な謎が説明できる気がする。
ええ、ほぼ妄想の憶測ですよ!

ザム→バウの系譜を設定に組み込めるか
もちろんAOZの出番である。現シリーズがエゥーゴ編まで話が続けばエゥーゴ仕様バーザムも出てくる可能性があるし、ジェガンのスカートの話が設定に反映されたようにバウとバーザムのつながりも可能なら組み込もうとするに違いない。
現AOZはバーザムを「可変構造を省略した機体」と結論づけ、俗説を設定で肯定する形になっている。しかし建機バーザム自体は可変機ではない。
…可変構造戻しちゃってもいいんじゃないかな。
バーザムはTR-6につながる機体であり、特にハイゼンスレイII・ラーなど分離可変機であり、ほぼバーザム族である。バーザムだって頑張れば変形できるはずだ。
上位機であるTR-6とは別に、可変機構を戻したRX-155とかRX-169あたりが対Zガンダムを意識した次世代・分離可変バーザムであり、それが量産前にネオジオンに回収されてバウになる、という筋書きでなんとか行けそうな気がしてきた。
とりあえずこのミッシングリンクはAOZ設定なしでも創造できるくらいまでは来てる気がするが。

最近わかってきたが、バーザムに引っかかりを感じている業界人は想像よりもかなり多いようで、数年内にはハイザックを上回るくらいにバリエーション増えてるかもしれない。
そこからバウか…
出たら楽しいけど期待まではしてない。
[ 2017/08/01 23:04 ] ガンダム | TB(0) | CM(0)